[JAL/ANA・国内線 編]ネコと飛行機に一緒に乗るために

ネコと一緒に 国内線の飛行機に乗るためには

ANAにもJALにも、「ペットとのご旅行をお手伝いするためのサービス」があります。
手続きや飛行機内での ネコさまの環境は、サイトに書かれたものを読む限りでは、ほぼ同じサービス内容に思われます。

記載されているのは、
  ペットのチェックイン → 飛行機への移動 →
          貨物室へ移す → 到着空港での 再会
  と、順を追った説明です。

国内線の場合は、比較的 所要時間が短くてすみますが、
「搭乗時間」+「その前後の時間」の間 ネコと離れることになります。
  鉄道など ほかの交通機関と同様、その間は食事・トイレがNG。
  それに加えて、飼い主さんと一緒には居られません。

空路を選ぶ場合は、かかりつけの獣医さんとの相談をおすすめします。
他に、ネットに乗っている体験談も参考になるかと思います。
           (『猫 飛行機 国内線』などのキーワードで検索)
猫の性格や体質・体調・年齢に左右されるので、
「全然 まったく大丈夫な子」も居れば、「かなりハードな経験だった子」も居ますネ。

なお、サービスを利用する際の詳しい流れ・手続きについては、
              各航空会社のホームページにてご確認ください。

また、ペットのみを単独で輸送する場合は、貨物扱いとなるそうです。

(以下、2011/2/1 現在の調査結果)

ネコの搭乗料金は、ケージ1個1区間あたり 5,000円(一部路線 3,000円)

サービス名称 : ペットとおでかけサービス

http://www.jal.co.jp/dom/service/pet/

JAL(日本航空) の公式サイトへアクセスし、『ペットとおでかけサービス』で検索できます。

料金は、上記と同様

サービス名称 : ペットらくのりサービス

https://www.ana.co.jp/dom/checkin/rakunori/pets/index.html

ANA(全日本空輸) の公式サイトへアクセスし、『ペットらくのりサービス』で検索できます。

日本および渡航先の国の検疫制度に則った書類が必要となり、
かなり慎重かつ計画的な準備が必要なようです。

   『ご出発前に最寄の検疫所、大使館・領事館等で必ず確認し、
   事前に必要な手続き・書類をご用意ください。』という事でした。

農林水産省サイトで「動物検疫所」のページをご参照ください。
   ○ 日本から海外へ
      http://www.maff.go.jp/aqs/animal/aq12-1.html
   ○ 海外から日本へ
      http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-index.html

短期間の旅行でも、海外に猫(犬)を連れていくときは輸出検疫を、
     帰国するときは輸入検疫を受けなければなりません。
また、相手国の条件をもクリアしないといけません。ハードルは高いですネ。

▲ ページのTOPへ ▲

「ネコと旅行」の最初へ戻る >

  

>> ペットシッター 名古屋 猫専門 トップペ−ジ